江戸を遊ぼう!「向じまお座敷遊びー落語・投扇興ー」

mari

13.07.13

日本の粋な遊び「投扇興」

みなさんは「投扇興(とうせんきょう)」をご存知でしょうか?
読んで字のごとく、「扇を投げて興じる」ものなのですが・・・
「扇を投げる」とは?どうやって「興じる(楽しむ)」のでしょうか?

これは、江戸時代から伝わる庶民の遊びで、3つの道具を使って行われます。
「枕」と呼ばれる直方体の台の上に、「蝶」という銀杏の葉の形をした”的”を置き、
その的めがけて開いた扇子をふわりと投げるというルール。
そして投げて落ちた扇子と蝶の形を、百人一首や源氏物語になぞらえた点式(点数表)で採点して
得点を競うのだそうです。
この「百人一首や源氏物語になぞらえる」というのが、なんとも優雅ですね。
決して、蝶が落ちて飛んだ距離、ではないのです!

とことん、向島を味わい尽くす!

来る7月18日(木)、この投扇興を体験できるイベント
「向じまお座敷遊びー落語・投扇興ー」が開催されます。
しかも今回は落語も聞けるという、江戸の文化あふれる贅沢な企画です。

落語を演じるのは柳家 喬之進さん、柳家 小太郎さんのおふたりで、
墨田区出身である柳家さん喬一門の二つ目さんでいらっしゃいます。

この「向じまお座敷遊びー落語・投扇興ー」を主催するのは「和ゆら処」と「さくらぐみ」。
どちらも向島を中心に活動されている方たちです。

「和ゆら処」は”日本の文化やあそびを広め伝えたい”を主旨に活動され、この投扇興をはじめ
お花見や屋形船での遊覧、落語の会を定期的に開かれたりしています。
そして「さくらぐみ」は隅田川に架かるX型の橋・桜橋を中心にその両岸の墨田区向島と
台東区今戸エリアを楽しもう!という趣旨で活動しているグループです。

つまり今回はとことん、向島を愛する方たちによる共演なのです!

さらに「和ゆら処」による投扇興は”蝶あそび”と名付けられ、
墨田の落語にちなんだ点式を使ったり、台(枕)も向島をイメージした藤色”縞”模様を施すなど
どこまでも向島オリジナル!!

落語や投扇興の江戸文化に触れるのはもちろんのこと、是非この機会、
墨田・向島ならではの楽しみを味わい尽くしてみませんか?

詳細情報

「向じまお座敷遊びー落語・投扇興ー」

日時: 7月18日(木曜日) 14:00〜21:00
場所: アサヒ・アートスクエア(〒130-0001 墨田区吾妻橋1-23-1)
    最寄り駅 銀座線・都営浅草線・東武線 浅草駅

【1】14:00~20:00 投扇興体験 ¥500
予約不要/お気軽におでかけください
落語中は投扇興体験を行いません。
お時間に余裕を持ってご来場くださいませ。

【2】20:00~21:00 落語のみ  ¥2,000
事前予約可/メールにて予約してください
info@sakuragumi.cc
落語は当日券もご用意しておりますが、予約販売で完売の際はご了承ください。

いずれもお支払いは当日、会場にて現金にてお願いします。

——————-

●出演者
・柳家 喬之進(やなぎや きょうのしん)
・柳家 小太郎(やなぎや こたろう)

●お申し込み方法
FB or メールにてご予約ください
info@sakuragumi.cc

Facebookページ https://www.facebook.com/events/204559323029211/

和ゆら処 https://www.facebook.com/wayuradokoro/
さくらぐみ http://sakuragumi.cc/

すみだ川アートプロジェクト http://ab-srap.com/
アサヒ・アートスクエア http://asahiartsquare.org/ja/