妄想広がる!? 鶯谷の元キャバレー空間“東京キネマ倶楽部”であなたのオリジナルイベントを開催しよう【スペース情報】

LwP magazine

13.07.31

エレベーターの扉が開くと、目に入る豪奢なフロントカウンター、
その奥にはビロードの調度品が匂い立つラグジュアリーな空間が広がる――
大正ロマンのオペラハウスを再現したという、その空間に一歩足を踏み入れれば、
あなたは映画の世界に迷い込んだか、はたまたタイムスリップしてしまったかのような不思議な感覚に捕われるハズ。

鶯谷にある《東京キネマ倶楽部》はそんな特別な体験を与えてくれる希有なイベントホールです。
今回はその東京キネマ倶楽部を【おトクに利用できる】情報をご紹介
統括マネージャーの長屋光輝さんに同ホールの魅力について語ってもらいました。

kinema_nagayasan
(写真:統括マネジャーの長屋光輝さん)

グランドキャバレーを再利用したイベントホール

――歴史を感じるホールですが、東京キネマ倶楽部の成り立ちについて教えてください。
このホールができたのは、今から40年以上前のことです。もともとはグランドキャバレーとして建てられました。グランドキャバレーというのは、いわば大人の社交場。

基本的にはお酒を飲みながらホステスとの会話を楽しむ場所で、そこにステージで行われるダンスショーや、箱バンの生演奏といった、エンターテイメントの要素が入ったものです。最近はもう見かけませんが、当時はたいへん流行していたようです。

今のキャバクラなんかよりも、もう少し敷居が高かったみたいで、お酒や音楽を楽しんだ後には、恐怖のお会計が待っているという(笑)。まあ、そんな場所だったようです。

kinema_top
(写真:ステージから1つ上階の客席。元グランドキャバレーならではの豪華なつくり)

その後、グランドキャバレーが下火になったため、東京キネマ倶楽部は長い間、閉じたままの状態が続いていました。イベントホールとして再開したのが、今から12、3年前のこと。以来、コンサートをはじめとした、さまざまなイベントで使ってもらっています。

counter
(写真:エレベーターが開くと現れるカウンター。ここが異世界への入り口)

――イベントホールとしてはかなり独特の雰囲気を持った空間ですよね。
ビルの5、6階を吹き抜けとしたホールで、5階はステージとオーディエンスフロア、それにバーカウンターがあります。6階はステージを取り囲むように作られた半円形のバルコニー席になっています。こうしたバルコニー式のホールというのは、消防法の関係もあって、最近では珍しいようです。

TALK2
(写真:上階からステージ方面を見た様子。半円形のバルコニー席となっている)

カーテンや照明、ソファ、テーブルなどを含めた内装もグランドキャバレー創業当時のものなので、歴史を感じるデザインになっているのではないでしょうか。5、6階をつなぐ階段の手すりも一枚ものの木材を使用しており、細かいところまで贅沢な作りになっているんですよ。

クリエイターを惹き付ける魅惑のスペース

――これまで、どんなコンサートを実施してきたのですか。
ロックバンドやビジュアル系のグループが多いのですが、AKB48やももいろクローバーZなどのアイドルグループに利用してもらったこともあります。イベントホールとして開業した当時から行われているEGO-WRAPPIN’のライブは毎年12月の恒例イベントとして定着しています。また、イベンターの方にお貸しする以外に、私たち独自でアーティストを招くこともあり、これまでにラウドネスやセックスマシンガンズ、CANTAなどのライブを実施しています。

kinema3
(写真:ステージの様子。イベントやパーティ利用も可能)

――音楽以外のイベントでも利用されているとか。
コンサート以外ですと、ファッションブランドであるエルメスのショーやパーティー会場として使われたり、ピエール・エルメのイベントにも利用されました。女性ファッション誌のスチール撮影はしょっちゅうですし、ミュージッククリップの撮影も多いですね。東京ガスのコマーシャルや、仮面ライダーの映画撮影にも使われたんですよ(笑)。また、大音量を出せるということで、和太鼓のワークショップが平日の昼間に定期開催されています。

あなたのアイデアで素敵な化学反応が起きるかも!?

――今回のMaGaRiでは、東京キネマ倶楽部をどのように使ってもらいたいと思われますか。
ほかにはないマジックを感じる空間ですので、そういったところに親和性を感じる方に利用してもらいたいと思っています。
例えば、台東区には古くから続く地場産業がけっこうあったりします。そうしたところで、伝統を守りながらクリエイティブに活動している、若い世代の制作者の方たちとコラボレーションできたら面白いかもしれません。浅草の商店街をキネマ倶楽部のなかに再現しちゃうとかね。

まずは会場を見てもらって、アイデアを膨らませてもらいたいと思います。
照明や音響、バーカウンターなどの設備も整っていますので、いろんなことに利用していただけます。結婚式の二次会やパーティーで使われる方もいるので、幅広く皆さんのアイデアをお伺いしたいと思っています。

kinema4
(写真:グランドフロアから上階を見上げた様子。ステージを客席が囲む)

その場にいるだけで、「こんなことをしてみたい」、「あんなことはどうだろう」と妄想がかき立てられるクリエイティブな雰囲気に満ちた東京キネマ倶楽部。
今回は、長屋さんのはからいで、なんと3万円/時間+設備利用も可(複雑なオペレーションが必要な場合はオペレーター料金が別途発生、下記参照)という通常よりおトクな条件での利用が可能。あなたの妄想を実現できるまたとない機会なのではないでしょうか。
「異次元空間」東京キネマ倶楽部で、特別な時間を楽しみましょう!
(ライター:大越啓)

詳細情報

■東京キネマ倶楽部
○住所:東京都台東区根岸1-1-14 5階・6階
(最寄駅:地下鉄日比谷線[入谷駅]徒歩5分・JR山手線 [鴬谷駅]徒歩3分)

○利用料:10:00~22:00 30000円/時
(通常の場合、5時間以上の利用は一日利用(500000円)と換算されますが、LwP magazine/MaGaRi経由では何時間でも30000円/時として頂けるとのこと!ただし土日祝に関しては12時間以上の利用が原則となります)
○設備:
・プロジェクター:有り
・照明:調光機能有り
・音響:有り(マイク、BGMを流すなど可能)
・イス・テーブル:多数有り
そのほか設備などについては別途ご確認頂けます。
○その他
本利用はイベント開催を本業とされているプロの方の利用は除外させて頂いています。
会場の照明調光やマイクの音量調整、プロジェクターの利用など簡易な音響・照明はご利用いただけますが、複雑な音響・照明オペレーションが必要な場合は下記が必要となります。
・音響:メイン・モニターオペレーター各1名につき ¥45,000
・音響アシスタント1名につき ¥35,000
・照明:メインオペレーター1名につき ¥45,000
・照明:アシスタント1名につき ¥35,000
・照明:ピンオペレーター各1名につき ¥25,000

○利用申込み・お問い合わせは下記フォームに下記1から3をご記入の上、送信ください。
1.お名前・メールアドレス
2.題名に「キネマ倶楽部問い合わせ」とご記入ください
3.メッセージ本文に「携帯電話番号」、「利用候補日(もしあれば)」、「見学希望日(もしあれば)」、「ご利用内容(お問い合わせ内容)」
[contact-form-7 404 "Not Found"]