ヒガシ東京の「おもたせ」vol.1 〜浅草浪花家のたいやき@浅草

mari

13.08.05

ヒガシ東京の「おもたせ」

久しぶりに会う友達や、離れて暮らす家族に会いにいくとき。
仕事帰りに、家で待つ家族を想うとき。
休日に、家でお茶でも飲みながらのんびりしたいとき。

いつものあのお店で、今日のおやつを買ってこよう。
明日は足をのばして、あっちの店であのお菓子を買って行こう。

いろんな場面にあわせて、その日の「おもたせ」を選ぶ。
ヒガシ東京の、そんな日常の「おもたせ」をご紹介します。

あなたはどっち派?

taiyaki

頭から食べる?しっぽから食べる?

という話になるのは、そう、「たいやき」。ちなみに私は頭からがぶりと食べます。

ヒガシ東京にはいくつかのたいやきの名店があるけれど、今日はその一つ、浅草の国際通りにある「浅草浪花家」のたいやきをご紹介。

小さい頃によく聞いた「およげたいやきくん」の歌。
“まいにち、まいにち、ぼくらは鉄板のうえで焼かれて、嫌になっちゃうよ。”
たいやき達がそんなふうに思いながら日々過ごしていると想像してみたらちょっと切ないですね。

あの歌は子供向け番組で流れていたけれど、じつはけっこう悲しいエンディングで、歌が終わると子供ながらにしょんぼりした気持ちになっていました。実はこの歌のモデルになっているのは、「麻布十番浪花家総本店」。浅草浪花家はこちらの暖簾分けのお店なのだそう。

シンプルだからこそ際立つ味

たいやきはとてもシンプルな食べ物で、そしてシンプルな食べ物はいつだって一番むずかしい。

餡と皮のこの食べ物、あなたはどこにこだわりますか?

こちらのお店は、まずはとにかく餡子が美味しい。私は餡子についてウンチクを語れるほど詳しくはないのですがここのたいやきを一口食べるといつも「そう、これ!」と思わずにはいられません。「甘さ控えめで」と言ってしまうとありきたりな表現になってしまうけれど、口に残りすぎないほんとうにちょうどいい甘さで、つい「もう一個」と手が伸びてしまいます。

そして皮。薄めで、焦げ目がついていて、とても香ばしい。はねつきで有名なお店もあるけれど、はねがなくても十分皮の香ばしさが味わえます。

浅草浪花家のたいやきは”天然”もの

こちらのお店ではたいやきを一枚ずつ手持ちの鉄板に挟んで焼き上げる製法で業界(?)ではその焼き方を「天然」と呼ぶのだとか。それに対して、タイがずらっと並んだ型に流し込んで一気に沢山焼く方法を「養殖」って言うんですって。面白いですよね。

ところで、たいやきを食べる時に合わせるのはお茶ですか? これがまたコーヒーとも良く合います。皮の香ばしさとコーヒーの香ばしさが絶妙な取り合わせ。ストレートもいいけど、この餡子がミルクたっぷりのコーヒーとも相性がいいです。

肩肘張らない、昔ながらのおやつ「たいやき」。

お土産に”大漁”に買って包んでもらっても、ひとつは必ず「すぐ食べる」用にしてもらって、道すがら熱々を頬張って歩きたいですね。

店舗情報

■浅草浪花家

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-12-4
電話:03-3842-0988
営業時間:10:00~19:00(定休日:不定休)
http://a-naniwaya.com/
※電話予約により、20時までたい焼き受け取り、店内喫茶のご利用可能です。

「麻布十番浪花家総本店」から暖簾分けした浅草店。
たいやきはもちろんのこと、特製の餡をつかったあんみつや
オリジナルのかき氷も絶品です。
イートイン席もあり、店内でゆっくりお食事を楽しむこともできます。
また、店内では写真の企画展が開催されることもあり、
甘味だけでない楽しさが味わえるのもこのお店ならではです。
さらに、6匹(900円)、10匹(1500円)を持ち帰りの際は、
宇野亜喜良氏デザインの包装紙、箱に詰めてもらえるのも嬉しい特典です。

たいやき 一匹 150円
たいやきセット 500円
たいやきミニあんみつセット 900円
あんみつなどその他の甘味 400円〜

<開催中のイベント>
■齋藤陽道 写真展「それでもそれでも」
期間:7月20日(土)~8月31日(水)