紙好き&文具好き集まれ!—紙工房 堂地堂(どうちどう)@向島

yuka

13.08.20

東京スカイツリーから歩いて約15分。墨田区向島にある鳩の街商店街は、80年以上の歴史を持つ古い商店街です。東京大空襲をまぬがれたので、道幅は戦前のまま。昭和初期からのレトロな商店と新しいショップが並ぶ、個性的な通りです。

その一角にある、空きアパートを改装した商店街直営の創業支援施設“チャレンジスポット!鈴木荘”の1階に店を構えるのが紙工房 堂地堂です。

(写真:写真右ののれんをくぐり、中へどうぞ)

(写真:写真右ののれんをくぐり、中へどうぞ)


始まりは「もったいない」

店主、堂地治美(どうちおさみ)さんのご実家は、両国の製本屋さん。この5月から、ご両親から堂地さんの旦那様が製本屋を引き継ぎ、忙しい時には堂地さんも手伝いに行くのだとか。

「数年前、作業する時に出る余り紙を使って、夫がメモ帳を作ったのが始まりです。工場の前にワゴンを置いて販売してみたら、思いのほか好評で。夫はもともと物作りが好きだから、彼が商品を作って私が売る。最初から店を構えるのは難しいから、まずは知人と物件をシェアして1年間、やってみたんです」

2年前の4月からシェアし始めた店は、まずまずの手応え。それならと、1年後に独立。現在の店舗を構えたそうです。

(写真:店内に並ぶのは、ほぼオリジナル商品。一部、知人や友人の紙モノを扱っています)

(写真:店内に並ぶのは、ほぼオリジナル商品。一部、知人や友人の紙モノを扱っています)

見て触れて、紙の魅力を再発見!

店のイチオシは〈紙のバイキング〉いろいろな紙を選んでオリジナルノートが作れる、予約不要のワークショップです。

好きな紙を選んだら、堂地さんへバトンタッチ。その場で製本してくれます。

(写真:〈紙のバイキング〉は500円〜)

(写真:〈紙のバイキング〉は500円〜)

作れるノートの大きさはポストカードサイズ(148×100mm)とB6サイズ。表紙は好きな写真や切り抜きなどを持ち込むこともでき、ポストカードサイズは店内にあるポストカードを表紙にもできます。ただし、紙の厚さや紙質により対応できない場合もあるので、ご相談くださいね。

もうひとつのおすすめが、そのデザイン性に注目した〈ダンボールノート〉。

(写真:表紙と中の紙を選べる〈ダンボールノート〉500円〜)

(写真:表紙と中の紙を選べる〈ダンボールノート〉500円〜)

ユニークで個性に富んだダンボールから、表紙用に好きなものを1枚チョイス。中の紙はクラフト紙か画用紙から選べ、こちらもその場でノートにしてくれます。

(写真:「製本作業を見て欲しい」と堂地さん)

(写真:「製本作業を、ぜひ見て欲しい」と堂地さん)

トントンッと紙を揃え、ガチャン!ガチャン!と手際よく見慣れたノートが作られる様は一見の価値あり。ぶらり向島散歩の道中、ぜひ立ち寄ってみてください。

詳細情報

(写真:店主の堂地治美さん)

(写真:店主の堂地治美さん)


■「紙工房 堂地堂」
住所:東京都墨田区向島5-50-3 鈴木荘1F
電話:080-3933-1970
営業時間:10:30〜17:30・火曜休
http://douchidou.com/