ヒガシ東京の公園を調査してみた vol.3〜上野公園@上野〜

mari

13.09.09

公園好きの子連れライターがお送りしております、ヒガシ東京の公園を歩いてまわって勝手に★付けするシリーズ第3段。

今回は皆さんご存知、ヒガシの公園と言えば!の代表格のこの公園・・・上野公園です。

公園というより、複合文化施設 !?

上野公園といえば、西郷さんの銅像、そしてパンダのシンシンがいる上野動物園が有名ですね。もしかすると、上野公園に来た事がない方は動物園が公園内にあることをご存知ないかもしれません。

この上野公園(正しくは上野恩賜公園)は、なんと園内に動物園から美術館、博物館、お寺に神社までを備えた公園というよりは複合的な文化施設なのです。

その点、いわゆる”公園”的な要素(芝生や遊具)が広さの割に少ないのも特徴だと思います。公園を日常的に使う場合、どちらかといえばその公園的要素のほうが気になりますので、今回は施設以外の公園部分をレポートしたいと思います。

噴水のある広場

公園案内図を見る限りでは、この広場には名前がついていないのでしょうか。大きな噴水のあるこの広場は、動物園や美術館に来た方も立寄るであろう各施設を結んだほぼ中央にあります。上野公園内で唯一「なにもない」場所かもしれません。なにもない、つまり自由な憩いの場として使えるこの広場には昨年2012年に2つのカフェができました。

IMG_1091

一つは、その名も「PARK SIDE CAFE」。オープンサンドやパスタ、ハーブティーが頂けるカフェで、店内の席とテラス席がほぼ同数の公園という場所を活かした造りになっているようです。もう一つはおなじみのスターバックスカフェ。こちらもテラス席が広くあり、公園を眺めながらコーヒーが楽しめます。

IMG_1088
写真:PARK SIDE CAFE

IMG_1090
写真:スターバックスカフェ

このカフェができたことによって、この場所でのんびり過ごす人も増えたのではないでしょうか。二つの建物の存在によって、ここはなんだかとても都会的な景観に変化しました。カフェ好き、コーヒー好きにとってはかなり使える施設です。テイクアウトしたコーヒーを片手に噴水のまわりで一息ついている人も多いですね。

少ないけれど芝生もある

日常使いの公園として押さえておきたいのは、やっぱり芝生と木陰。あまり広くはないですが、ありました、噴水の広場の両側にちょっとずつ。広場と東京都美術館の間にある芝生はピクニックにも使えそうです。背の高い木々もあり、私が訪れたこの日も、日差しを避けるようにしてお昼寝をする人たちがたくさんいました。ここで夜のピクニックをする外国人も多いようですよ。

IMG_1092

この芝生の中を縫うようにちょっとした短い小道があるのですが、この小道がとっても気に入ってしまいました。通っても通らなくてもどこに繋がるというわけでもない道ですが、森の中を歩く気分になれます。

IMG_1097

というわけで、見所はありすぎるほど沢山ある上野恩賜公園ですが、憩いの場所はこの噴水まわりでしょうか。ただし、休日の利用者はかなり多く、二つのカフェも長い行列ができてしまいます。できれば平日に訪れて、のんびりと美術館や博物館の常設展を眺めてから公園内をお散歩し、疲れたら芝生でコーヒーをのみながらぼんやり過ごすのがオススメです。

勝手に!星付け★

ファミリーで遊べる度  ★★★★★
カップルで見つめ合う度 ★
ピクニック満喫度    ★★
ランニングで汗をかく度 ★★
犬の散歩コース度    ★★
ひとりでたそがれ度   ★★

※平日と休日では「のんびり具合」に大きな差があります。一人でたそがれたい方、カップルは平日にどうぞ。

詳細情報

■上野恩師公園

所在地:東京都台東区上野公園・池之端三丁目

問い合わせ:
上野恩賜公園事務所 〒110-0007 台東区上野公園5-20
電話 03-3828-5644
FAX  03-3827-7752

開園時間:午前5時~午後11時(時間外は立ち入り禁止)
<12月29日~1月3日 事務所業務休止。>

アクセス:
JR・地下鉄銀座線・日比谷線「上野」下車徒歩2分
大江戸線「上野御徒町」下車徒歩5分
京成線「京成上野」下車徒歩1分 駐車場(有料)

公式HP:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/ueno/index_top.html