10月10日まで!国際靴・雑貨見本市ISFの「浅草靴産地見学ツアー」に注目!

hiroyuki

13.10.09

靴の街、浅草で10月8日から10日まで、”足の美と健康”の国際靴・見本市「第47回ISF(Internatinal SHOES & LEATHERGOODS FAIR)」が開催されています。会場は、東京都立産業貿易センター 台東館(台東区花川戸2)。

主に国内外の靴や材料メーカーやシューケア用品メーカーなどが出展している同展示会ですが、今回、LwP magazine編集部では、この展示会で開催される「靴メーカーの現場、靴工房を歩いてめぐる見学ツアー」をご紹介します!

なお、今年の出展者数は120社を超え、アジア圏を中心とした海外からの出展が半数程度。基本は法人向けの展示会ですが、最終日10月10日は一般の方の入場もOKとのこと。
ISF

浅草靴産地見学ツアーは2コース。どちらも注目企業含む良コース!

ツアーの正式名称は「浅草靴産地見学ツアー」。開催は10月8日、9日、10日の3日連続。
平日の午後1時半から4時と一般のお仕事をしている方は参加しづらいとは思うのですが、このツアー、間違いなく面白いです。

コースは大きく2つ。ともに靴の現場、靴の製造工程を知るにはとても適していますが、
イチ押ししたいのは、LwP magazineが“注目しているユニークな会社の現場を見れてしまう”ということなのです!

コースの詳細は下記のとおりです。

○8日と9日はコースA『「靴の出来るまで」見学』
その名のとおり、紳士靴、婦人靴、それぞれのメーカーの製造工程を見学し、それに加え、製甲所や底材加工所などを回り、靴づくりの多様性と日本の技術の確かさを知るツアーとなっています。

LwP magazineでも取材させていただいた、通称 金具とヒールの百貨店「丸上」、ビル5階まるごと靴工場となっている「パナマシューズ」、安全でECOな靴づくりを目指す戦後唯一の総合靴メーカー「ヴァーブクリエーション」もコースに含まれています。
スクリーンショット 2013-10-08 21.42.36
スクリーンショット 2013-10-08 21.42.21

○10日はコースB『「浅草ニューウェーブ」探索』
既存の生産体制とは異なるシステムの靴づくりに挑戦する若手クリエイターと交流し、力をつけてきたニューウェーブの存在を知ることができるツアーとなっています。

こちらのコースでもLwP magazineで取材させていただいた、かつての靴工場が若手デザイナー集まるシェアアトリエとなっている「シェアファクトリー」、上述の「ヴァーブクリエーション」が含まれています。

また、本記事を書いているライター今村が個人的にブーツをオーダーした新進気鋭のブーツ・靴メーカー、「クラフトバンク」も含まれており、これは見逃せないですね!
スクリーンショット 2013-10-08 21.42.59
スクリーンショット 2013-10-08 21.42.48

本ツアー、主な対象者はバイヤー、ショップ販売員が対象とのことですが、空きがあれば一般の方も参加可能とのこと(同業の靴メーカーの方のご参加はご遠慮いただいているようです)。平日の午後ということで誰でも参加できるわけではないと思うのですが、タイミングが合う方はぜひ参加してみて!浅草が靴の街だということが実感できること、間違いなしです。

詳細情報

○コースA『「靴の出来るまで」見学』10月8日(火)・9日(水)13:30-16:00
○コースB『「浅草ニューウェーブ」探索』10月10日(木)13:30-16:00

・集合場所:東京都立産業貿易センター 台東館(台東区花川戸2-6-5)7F会場内「ツアーデスク」
・料金:1000円(資料代、税込)
・申込:集合場所のツアーデスクで直接お願いします。
・ツアー案内人:シューフィル城一生氏
・主催:ISF事務局
http://www.isf-web.jp/seminar_event/cat161/