【1月11日から開催!】アサヒ・アートスクエア展覧会「Alterspace ─ 変化する、仮設のアートスペース」

hiroyuki

14.01.09

アサヒ・アートスクエアとAlterspace実行委員会は展覧会「Alterspace ─ 変化する、仮設のアートスペース」を1月11日から2月2日まで開催します。

これはアサヒ・アートスクエアの主催するアーティストやディレクターを支援する制度「オープンスクエアプロジェクト」の第3弾として開催されるもの。第3弾の今回はインディペント・キュレーター水田紗弥子さんが選出され、水田さんが本展のキュレーションを行います。

東アジアをつなぐ「変化する、仮設のアートスペース」

OSP2014_ページ_1

今回の展覧会では、「場所に依拠しない変化し続ける仮設のスペースの創出」と「海外の[主にアジアの]アーティストやオルタナティブ・スペースと繋がること」を目的に開催されます。

楽しみなのは、日本、中国、韓国で実験的な展覧会を行っているグループやアーティストの紹介が行われること。またユニークなのが、その方法は通常の展覧会のように展示だけではないこと。もちろん「展示」はありますが、その他にアーティスト自身による「レクチャー」「トークイベント」「ワークショップ」「カフェスペース」など盛りだくさんの内容で開催されるということです。
OSP2014_ページ_2

LwP magazine編集部の注目の5つのプログラム

いくつもあるプログラムの中でLwP magazine編集部が特に注目するのは、
1つ目は、水田さん自身によるキュレーション展「乱視の光」。中国と韓国、日本の様々なアーティスト7組が参加した展示となっています。

2つ目は段ボールでつくられている会場。会場の壁や舞台が韓国のアーティスト イ・デイルさんによって日本と韓国で集められた段ボールでつくられているそう。安価で、サイズや形を変えることにも適し、どこででも簡単に手に入れることのできる段ボールは、本展のキーワードAlterspaceの「場そのものが変化していく」というテーマのシンボルとしての作品でもあるとのこと。

3つ目は1月13日(祝月)開催のトークイベント「インディペンデントに活動するアートの可塑性と可能性について–日中韓の事例から」。ゲストに北京とソウル、それぞれ独自の活動をするお二人を招き、「美術館やギャラリーなどの既存のスペースではできない実験的な場は、どのように活動し、継続していくことが 可能なのか。アートにとって「場(Space)」とはどういった意味を持つのか」などを話し合うのだそう。近年、話題になっている「場づくり」や「場の運営」にも良いヒントとなりそうです。

4つ目は1月18日(土)開催のワークショップ「サラムドゥル」。企画はアーティストの永岡大輔さん。好きな本のページのコピーから切り抜いた単語やセンテンスを手札に、複数人によるチームで新しいテキストをつくっていくワークショップ。

5つ目は、カフェスペース。連日コーヒーやビール片手に様々な方と出会い、交流できる場となるので、これも楽しみです。

その他にも様々な展示やイベントがあるので、より詳細は下記からご覧くださいね!

このAlterspaceが終えたあとも、場所に依拠しない「仮説のスペース」がアサヒ・アートスクエアを飛び出し、活動を継続していくことも、今から期待しましょう!

詳細情報

■「Alterspace ─ 変化する、仮設のアートスペース」
期間:2014年1月11日(土)~2月2日(日)
*1/11[土]19:00- オープニングレセプションを開催致します。
時間:15時00分から21時30分
休館日:火曜日、1月26日(日)
料金:無料 *イベント時は有料
会場|アサヒ・アートスクエア[東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 4F]

主催|アサヒ・アートスクエア Alterspace 実行委員会
協賛|アサヒビール株式会社
お問合せ|アサヒ・アートスクエア Tel. 090-9118-5171 / E-mail aas@arts-npo.org /
http://asahiartsquare.org/
企画に関するお問合せ|Alterspace 実行委員会[水田] Tel.080-1106-9936 / E-mail alter.space.2013@gmail.com

展覧会公式HP http://alter-space.org  Twitter @ alterspacetokyo

・エキシビション
「乱視の光」
企画|水田紗弥子
日時|2014年1月11日[土]–2月2日[日] 15:00–21:30
出品アーティスト|イ・デイル、キム・テドク、松本力、林加奈子、大槻英世、中村奈緒子、劉茜懿
Alterspace企画者による展覧会で、中国と韓国、日本のアーティストによって構成します。

「考え中」
企画|中村土光(アーティスト)
日時|2014年1月11日[土]19:00~ オープニングパーティー
13日[月・祝]/石井 諒 Ryo Ishii
16日[木]/椿 武 Takeshi Tsubaki
18日[土]/謝花 翔陽 Shoyo Jahana
20日[月]/中村三佐男 Misao Nakamura,大絵晃世 Akiyo Ooe
23日[木]/中園 孔二 Koji Nakazono
25日[土]/HIRAOJI
29日[水]/Yelow
31日[金]/You Tanaqua
2月2日[日]/永畑 智大 Tomohiro Nagahata
鑑賞者の入場を制限し、少人数の鑑賞者対アーティストがインタビュー形式で対話をするという、新しい展覧会の見方を考える企画。企画者中村氏のセレクション、および公募により選ばれた 10名のアーティスト・ 表現者が1日限りの個展を入れ替わりで開催。
http://nakamuradokou.tumblr.com/
http://nankaitteru.tumblr.com/

「12ヶ月のための絵画」
日時|2014年1月11日[土]-2月2日[日] 15:00-21:30
アーティスト|近藤恵介
近藤恵介が2013年9月に始めた作品発表の形式で、毎月新作絵画を制作し展示をすることを12ヶ月間続ける。
また、作家に縁のある人が近藤(の作品)について書いたテキストも同時に掲出される。《1月》は通常のギャラリーからアサヒ・アートスクエアへと場を移す。
http://paintingfor12months.tumblr.com/
*関連トークイベント「12ヶ月 / 絵画 / Alterspace」
日時|2014年1月24日[金]19:00–21:00
ゲスト|佐藤美子[川崎市市民ミュージアム学芸員]、冨井大裕[彫刻家]、丹羽良徳[アーティスト]、近藤恵介[画家]
モデレーター|水田紗弥子[Alterspace 企画者]

「漂流メモ」
企画|CAMP
日時|2014年1月11日[土]–2月2日[日] 15:00-21:30
CAMPが2014年に開催予定の漂流する展覧会「漂流展」についてのメモ。
http://ca-mp.blogspot.jp/
*関連トークイベント「展覧会について」
日時|2014年1月20日[月] 19:00-21:00
ゲスト|未定

・レクチャー
日時|2014年1月12日[日]16:00-19:00
参加費|なし(予約不要)
主催|comos-tv[http://comos-tv.com
助成|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) ※逐次通訳(日本語のみ)
本イベントはcomos-tvの企画により、以下よりustream配信も行います。
日時|2014年1月12日[日]16:00-19:00
http://www.ustream.tv/channel/comos-tv
※会場のネット環境により、後日の録画配信になる可能性もあります
※逐次通訳(日本語のみ)

「Video Bureauの活動とアーカイブNo.22:リ・ランの作品について」
出演|ファン・ルー[ビデオ・ビュロー共同代表、アーティスト]、リ・ラン[アーティスト]
概要|北京にあるビデオ・ビューローの共同創設者でアーティストでもあるファン・ルーを招き、彼らの活動を伺います。 ビデオ・ビューローは、北京と広州の二つの場所にに拠点を持つ非営利団体で、実験的な映像作品をコレクションし、アーティストのプロフィールデータにアクセスしやすいようにアーカイブを作成しています。
ファン・ルーはビデオ・ビューローの仕事について「中国の現在のアートシーンにおいて、この基本的な仕事はとても特殊なこと」であり「ビデオアートをクロニクルに示す機能として存在する」と話している。
今回のレクチャーでは、ファン・ルーが、ビデオ・ビューローのアーカイブのプロセスや方法を紹介するだけでなく、2014年1月に紹介するリ・ランというアーティスト自身のクリエイティブなアイディアも話します。
ビデオ・ビューロー ウェブサイト:http://www.videobureau.org

「放浪の本質と共に歩き回る」
出演|キム・ナムスー[コリオグラフィー批評/韓国]
概要|キム・ナムスーは韓国を拠点に活動し、ナムジュン・パイクの研究を行う事で、コリオグラフィー批評をより深く広げながら活動を行っています。
時には批評家であり、キュレーターであり、編集者であり、ドラマトゥルグであり、研究者であるという、
彼自身がナムジュン・パイクの言う定住遊牧者のようでもあるキム・ナムスー氏の活動を本人により紹介します。

・トークイベント
「インディペンデントに活動するアートの可塑性と可能性について–日中韓の事例から」
日時|2014年1月13日[月・祝]16:00-19:00
ゲスト|ファン・ルー、キム・ナムスー
モデレーター|水田紗弥子[Alterspace 企画者]
主催|comos-tv[http://comos-tv.com
助成|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
概要|北京とソウル、それぞれ独自の活動をするお二人を招き、12日のレクチャーを受け、以下のテーマについて鼎談します。
1、ウェブが登場しさらに実験的なアートスペースが展開されている現在、ポスト・オルタナティブスペースや、場所に頼らないネットワークの構築などが行われている。美術館やギャラ リーなどの既存のスペースではできない実験的な場は、どのように活動し、継続していくことが 可能なのか。アートにとって「場(Space)」とはどういった意味を持つのか。
2、そしてそれらの活動は、大きな権力とどのように付き合い、他の文化活動との共存をどのようにすればいいと思うか。
3、東アシアはどう結びつけばいいのか。日本では東アジアとの共存を掲げ始め、「対話や協力を続けよう」と言うが、私たちは何を話し、どう協力していけばいいのか。

「地番錯綜地-90年代の都市空間とアート」
日時|2014年1月29日[水]20:00-21:30
ゲスト|パルコキノシタ、他
トーク企画|地番錯綜地実行委員会
タイトルにある「地番錯綜地」とはその名の通り、番地が複雑に存在する土地のことを指す。
飛び地のように住所の順序がばらばらなだけでなく、一つの番地に複数の建物が存在したり、建物の中で番地が別れていたり、道路の境目が曖昧だったりもする。
昔の町の記憶がその土地に残っているという名残でもあり、また現在の町の混沌とした様子を表しているとも言える。地図を作ることさえ難しい地番錯綜地は、可視化されない場や町の隙間を許す存在でもある。
私たち地番錯綜地実行委員会は、2014年冬に歌舞伎町でのアートプロジェクトを計画しており、既存の価値観や境界を超え、地番を錯綜させるような実験的な試みを受け入れる場を構想している。
90年代に行われた「ギンブラート」「新宿少年アート」「モルフェ」など、都市空間の中でパフォーマンスや作品展示は、ある種の熱を帯びて行われていたように思う。
当時の展示に関わっていらした方のお話しを伺いながら、現代のアートプロジェクトの可能性について考えるきっかけの場としたい。

「芸術の権利」
日時|2014年2月1日[土]16:00-19:00
主催|comos-tv[http://comos-tv.com]
助成|アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

・ワークショップ
「松本力によるアニメーションワークショップ(仮)」
日時|2014年1月22日(水)/25日(土)15:30-20:30

「Reconstellation in Asakusa 2014」
企画/アーティスト|永岡大輔
日時|2月2日(日)19:00-20:00
出演|後藤寿和 池田史子
Reconstellation(リコンステレーション)とは、re(再び)とconstellation(集めること)という英単語をつなぎ合わせた造語であり、2012年から始まった永岡大輔の朗読のプロジェクトの名称です。本プロジェクトは、複数の書物からテキストを抽出し、再構成したものを朗読することによって、「目に見えないオブジェクト」、つまり人々の心の内にある本の記憶という星座を描きだすことを試みるものです。

「サラムドゥル」
企画/アーティスト|永岡大輔
日時|2013年11月30日[土]、12月20日[金] 19:00–21:30  会場|書肆サイコロ ←終了しました!
2014年1月18日[土] 会場|アサヒ・アートスクエア 19:00–21:30
協力|書肆サイコロ
好きな本のページのコピーから切り抜いた単語やセンテンスを手札に、複数人によるチームで新しいテキスト をつくっていくワークショップです。会期前から別の会場でも行っています。