【3月21日(金・祝)27日(木)28日(金)開催】伝統芸能を学んだ子どもたちの晴れ舞台を公開

yuka

14.02.18

近頃、注目を集めている和のおけいこ。古きよき日本の伝統を学べることはもちろん、先生や諸先輩方の立ち居振る舞いから得るものも多いと、老若男女問わず始める人が増えています。

世界的な文化創造都市・東京を目指して様々な活動を展開する、東京都などが主宰する「東京文化発信プロジェクト」では、子どもたちに向けた和のおけいこプログラム「東京発・伝統WA感動 キッズ伝統芸能体験」を6年前から実施。この3月には、7ヶ月に渡るおけいこの集大成である発表会を開催します。

(写真:過去の長唄(三味線)発表会の様子。今年も300人を越える小中高校生が、おけいこの成果をお披露目します)

(写真:過去の長唄(三味線)発表会の様子。今年も300人を越える小中高校生が、おけいこの成果をお披露目します)

技だけでなく礼儀や姿勢もまるごと学ぶ

「キッズ伝統芸能体験」で触れられる伝統芸能は、能楽・長唄・三曲・日本舞踊。講師を務めるのは、皆さんプロの表現者。7月に体験教室を設け、生徒を募集。9月から翌3月まで7ヶ月間、コースごとにおけいこします。

(写真:“本物”に触れることで、伝統と技を肌で感じます。こちらは過去の能楽発表会)

(写真:“本物”に触れることで、伝統と技を肌で感じます。こちらは過去の能楽発表会)

伝統的な芸術の世界で一つの道を歩み続けている表現者。その姿勢・感性・立ち居振る舞いなど、プロが身にまとう空気に触れること自体もおけいこ。言葉や理屈を超えて子どもたちに感じてほしいという想いから、おけいこは時に優しく、時にキリッと厳しくもあります。

(写真:箏曲発表会では、先生とおしゃべりしてリラックス)

(写真:箏曲発表会では、先生とおしゃべりしてリラックス)

今回の舞台では、子どもたちが向き合った「日本の心」を公開。講師による本格的なプロの舞台もあります。入場は無料(事前申込制、2月27日(木)〆切)。ぜひこの機会に、和の世界を覗いてみてください。

詳細情報

■キッズ伝統芸能体験 発表会
○能楽発表会
開催日時:2014年3月21日(金・祝)10:30~13:30(10:00開場)
会場 : 宝生能楽堂/東京都文京区本郷1-5−9
○箏曲・尺八・日本舞踊・長唄発表会
開催日時:2014年3月27日(木)13:30〜16:00(13:00開場)・28日(金) 13:30~16:30(13:00開場)
会場 : 浅草公会堂/東京都台東区浅草1-38−6

【発表内容】
○能楽発表会:3月21日(金・祝)
<発表>
謡・仕舞[宝生流]、狂言「大蔵流」、能楽囃子[笛]、能楽囃子[小鼓]、能楽囃子[大鼓]、能楽囃子[太鼓]
<プロによる実演>
狂言[大蔵流]:「柿山伏」
舞囃子[宝生流]:「船弁慶」
○箏曲・尺八・日本舞踊発表会:3月27日(木)
<発表>
箏曲[生田流・江東]、尺八、日本舞踊[東村山]、日本舞踊[花伝舎・男子]、日本舞踊[花伝舎・女子]
<プロによる実演>
三曲合奏:「八島」
日本舞踊:「お祭り~キッズ特別版~」
○長唄・箏曲発表会:3月28日(金)
<発表>
三味線[渋谷]、長唄囃子[篠笛]、長唄囃子[小鼓・大鼓・太鼓]、三味線[西東京]、箏曲[山田流]、箏曲[生田流・町田]
<プロによる実演>
箏曲[山田流]:「独楽と毬」
長唄:「勝三郎連獅子」

【観覧のお申し込みについて】
申込締切日:2014年2月27日(木)受信有効
下記(1)~(7)の必要事項を箇条書きで明記の上、メールまたはFAXでお申し込みください。
Mail:wageiko@geidankyo.or.jp
Fax:03-5909-3061

(1)希望の発表会名と番号
1.能楽 2014年3月21日(金・祝)※定員70名
2.箏曲・尺八・日本舞踊 2014年3月27日(木)※定員200名
3.長唄・箏曲 2014年3月28日(金)※定員200名
(2)入場者全員の氏名と年齢
(3)代表者氏名
(4)郵便番号、住所
(5)電話番号
(6)E-mail
(7)Fax
※複数会場のお申し込み可能です。
※応募者多数の場合は抽選となります。
※結果は3月8日(土)ごろまでに応募者全員へ通知します。
※応募状況により、締切後も引き続き募集をする場合があります。お問い合わせください。
※時間、内容、出演順、出演者等が変更となる場合があります。
※未就学児入場可。ただし他の方のご迷惑になる場合はご退場をお願いする場合があります。

【問い合わせ】
Tel:03-5909-3060(芸団協内「キッズ伝統芸能体験」事務局)
Fax:03-5909-3061
http://www.geidankyo.or.jp/kids-dento/