【シェアアトリエ・メンバー募集】創る人を後押しするシェアアトリエ「reboot」が再起動を経てついに活動スタート!

LwP magazine

14.04.09

モノづくり企業や新進気鋭のデザイナーが拠点を構える「台東区」。
このモノづくりの街、台東区下谷にシェアアトリエ「reboot(以下、リブート)」が誕生しました。

今年1月にはソーシャルデザイン研究所(台東デザイナーズビレッジ村長)鈴木淳さん、アッシュコンセプトの名児耶秀美さん、リトゥンアフターワーズ 山縣良和さんなどが審査員となり審査会が開催され、多彩な7組のメンバーの入居が決まりました。

この3月でメンバー全員の荷物が運び込まれ、活動や交流が生まれ始めた今、リブートでは創造と協働を生み出す場になるための準備が着々と進んでいます。
今日はそんな“リブートの紹介”と“新メンバー募集”についてお知らせしましょう!

カフェ・ルームの様子

共用スペース「カフェ・ルーム」の様子。フリー席の利用スペースでもあります

クリエイティブ拠点や居心地の良いカフェなどが増える入谷という立地

リブートはJR山手線「鴬谷駅」や「上野駅」からも徒歩圏、地下鉄日比谷線「入谷駅」から徒歩1分という駅近立地にあります。

周囲には、新しいマンションも多くありますが、大通りから1本入ると、戦災をまぬがれた長屋など古い建物や路地があり井戸端会議が行われている様な下町の雰囲気も残る街です。

近年では、蔵前のNui.を運営し話題のBackpacker’s Japanが一番最初に立ち上げ人気のゲストハウスの「toco.」があったり、古い建物を改修した人気カフェ「iriya plus cafe」、そのほかにも行列ができる人気飲食店もチラホラ。

バックパッカー向け宿のtoco.

バックパッカー向け宿のtoco.

さらに「アートフェア東京」事務局のaTOKYO㈱や東京芸大OBによるアートギャラリー「いりや画廊」、トム・ヴィンセント氏率いるオンラインデザインマガジン「PingMag」を運営する㈱Pingなどアートやクリエイター拠点も増えつつあります。

そんな街の大通り沿いの9階建てビルの2階にリブートはあります。

創る人を後押しするシェアアトリエ

台東区をはじめとしたヒガシ東京にはモノづくり企業が多くあり、リブートの周囲には靴や革関連の問屋や店舗・工場が揃う浅草、アクセサリーパーツ・包装資材関連企業が集まる浅草橋界隈、繊維系の問屋が集まる日暮里など、モノづくりする人には活動しやすい場所。

一方、モノづくりの人達が必要とするような、音だしOKで、ある程度の広さの専有スペースをとれ、24時間使えるアトリエスペースは都内ではまだまだ多くありません。

そこで、リブートは、そのような条件をOKにしつつ、さらに、入居メンバーの活動の後押しーーー例えば「ネットワークの広がり」や、「情報発信やPR面」、「目標設定や思考の整理」などの後押しを実施することで、メンバーの成長を促していくのだそうです。

カフェ・ルームでの打合せの様子。メンバーは自由にスペースを利用可能

カフェ・ルームでの打合せの様子。メンバーは自由にスペースを利用可能です

リブートを企画運営する、まちづくり会社ドラマチックの今村ひろゆきさんは言います、「入居メンバーをはじめとしたクリエイター、企業、メディアなど様々な人がつながり協働が生まれる“生態系”のような場をつくり、入居メンバーや地域・産業の発展を目指しています。

次第にリブートが蓄積するネットワークに仕事の依頼が来る様になったり、認知が高まればシェアアトリエにとどまらない動きも可能になると思っています」

また、「募集対象はジャンルを問わず、モノづくりやデザイン、アート、企画など創る人や企業。あるいはそういった創る人と協働できる方々。また1組、キッチンを利用したいフードデザイナーのような方も募集します。フリー席は会社帰りの方や週末に自分のプロジェクトを進めたい方、情報を得たい・仲間を得たいという方も歓迎です。ただ、受身の人ではなく、ご自身の創作活動や事業活動に打ち込みつつも、一緒にリブートを盛り上げそれが自身の活動にもプラスになりうると考える人の方が良い関係を築けると思います」とのこと。

現在入居の7組はファッション、アート、モノづくり、編集、まちづくりと幅広いジャンル

スペース全体の広さは約210平米。「固定デスク席」や「フリー席」のほか、4.3平米から6.8平米までの専有スペースのある「ブース席」から自分にあったスペースを選ぶことができます。(利用料や設備などは本ページの末尾をご覧ください。)

ブース席はDIYで壁の色や床など改装できる

ブース席はDIYで壁の色や床など改装できる

メンバーは自身の専有スペースの他に、作業やワークショップなどが可能な「ワークショップ・ルーム」とキッチン付きで食事や休憩・イベント開催が可能な「カフェ・ルーム」各30平米からなる2つの共用スペースを利用可能です。

また、カフェ・ルームでは毎月一度のトークイベントをはじめメンバー同士のミーティングや交流パーティー、外部イベントの受け入れなどがこの4月から始まっています。

ワークショップ・ルームの様子。

ワークショップ・ルームの様子。

最後に、現在入居している7組を紹介しましょう。

セントラルセントマーティンズ美術学校テキスタイル学科・パーソンズ大学院を卒業し、Ralph Lauren Blacklabel で経験を積み、現在は自身のブランド立ち上げ準備中の「KAAPIO」、イラストや紙もの雑貨を制作しアッシュコンセプト社とのコラボ商品も好評の「IROHA-NI」、いくつかのWEBマガジンの編集ライターやシェアオフィスのPRを担当する編集者の新井優佑さん、学生時代から製作をはじめ、見たことがないようなカワイイ万華鏡をつくりだしワークショップも好評の「まんげきょうfactoryめめ」、

KAAPIOのデザインした洋服

KAAPIOのデザインした洋服

洋服のオーダーメイドやリメイクをうけ定評のある「MAISON DE COUTURE KONOMI」、スウェーデンでの2年の留学や原宿ROCKETでの展示経験を経て独自性ある立体制作や空間演出を手掛ける「Yumi Arai」、rebootやインストールの途中だビルのようなシェアアトリエやLwPmagazineなどのWEBサイトの企画運営を行う「まちづくり会社ドラマチック」。

IROHA-NIの線画のイラスト「はくさい」

IROHA-NIの線画のイラスト「はくさい」

ファッション、アート、モノづくり、編集、まちづくりなど、全員バックボーンやジャンルも様々ですが、共通しているのは気が良いこと、そして次のステージを見据えていること、といえると思います。

あなたもリブートに参加しませんか?見学やお問合せは下記フォームからどうぞ!

詳細情報

■reboot(リブート)
・所在地:東京都台東区下谷1-11-15 ソレイユ入谷2階 https://goo.gl/maps/Aj4dW
・最寄り駅:地下鉄日比谷線「入谷駅」から徒歩1分、JR山手線「鴬谷駅」から徒歩6分、「上野駅」から徒歩14分
・利用可能日:24時間365日 利用可能(ただしビル全体の休館日、工事による停電日など除く)
・利用料:
-ブース席A(約4.3平米)31,500円/月(税込)
-ブース席B(約5.0平米)36,500円/月(税込)
-ブース席C(約6.8平米)49,500円/月(税込)
-固定デスク席 23,000円/月(税込)
-フリー席 15,000円/月(税込)
-キッチンスペース:50,000円/月(税込)
○共益費:3,000円/月
○水道光熱費:別途
○初期費用:入会金 50,000円

・設備など:作業や製作、ワークショップができるワークショップ・ルーム(30平米)、休憩や食事・イベントができるカフェ・ルーム(キッチン付・30平米)、空調、インターネット、各ブースに電源、エレベーター、A3カラー複合機、キッチン道具一式、手洗いなど(電話回線は各自契約)
・備考:募集数はブース席(A,B,Cそれぞれ)1席ずつ、固定デスク席 4席、フリー席 あり、応募後、面談審査の上、入居決定。24時間利用可能。月に1度reboot内のメンバーミーティングあり、キッチンスペースは一部共用となるのでご承知おきください。

http://www.reboot-iriya.info/

○利用申込み・お問い合わせは下記フォームに下記1から3をご記入の上、送信ください。
1.お名前・メールアドレス
2.題名に「リブート問い合わせ」とご記入ください
3.メッセージ本文に「携帯電話番号」、「ホームページURL(もしあれば)」、「利用開始希望日(もしあれば)」、「見学希望日」、「ご利用内容(お問い合わせ内容)」
[contact-form-7 404 "Not Found"]