【もう一度読んでほしい!】究極の贅とおもてなしの場“浅草花柳界”の芸能プロダクション「浅草見番(けんばん)」を覗いてみた!

kumiko

14.06.30

日本の文化でありながら私たちには敷居が高くてふれる機会があまりないと思われがちな花柳界。あまり馴染みがないけれど興味のある人は多いのではないでしょうか?

そこで今日の【もう一度読んでほしい!】はこちらの記事。
浅草花柳界Vol.1  究極の贅とおもてなしの場“浅草花柳界”の芸能プロダクション「浅草見番(けんばん)」を覗いてみた!

浅草見番に立ち寄ってから小雨の中、和風傘をさしてお仕事に向かう浅草芸者さん。
人力車で向かう芸者さんもいます。

「浅草見番」から見た浅草花柳界は発見の連続

江戸時代から脈々と続く浅草花柳界は浅草寺裏の柳通りに息づいています。この柳通りに位置する「浅草見番(別名:東京浅草組合)」というところは浅草花柳界の総合運営事務所。浅草芸者さんたちのスケジュール・イベントを総括的に管理する浅草花柳界の芸能プロダクションと言えるところです。

Kenban Flowchart

みなさんの興味を代表する気持ちと質問を抱いて、この「浅草見番」でお話を伺ってきました。まだ読んでいない方、きっと今まで知らなかった料亭・芸者さんの予約の仕方、また日本最後の幇間(男芸者)さんたち・都内最高齢90才の美しい芸者さん ゆう子姐さんなど、浅草花柳界を支えるいろいろな人のことが見えますよ。

Vol1-750

この機会に「浅草見番」でお話を伺うことでどんどん浅草花柳界に繋がりができて、以下の”浅草花柳界Vol2・3”の記事が続きました。こちらもぜひご覧ください!

Vo2 芸者さんの就職事情:
浅草花柳界Vol.2 浅草見番がやさしく見守っている!現代浅草芸者さんのやる気と就職

Vo3 幇間(男芸者)さん:
浅草花柳界Vol.3 日本唯一浅草の「幇間(ほうかん)」さん達が日本全国のお座敷の”間”を助けに赴きます!

まだまだ知りたい浅草花柳界

これからも浅草花柳界を追っていきたいと思っています。次回予告は…
浅草花柳界に新しい風を吹き込む老舗料亭都鳥で去る6月21日に開催された芸者さんのおもてなしイベント「浅草花柳界 お座敷かふぇ」。このイベント開催に至った動機は?実際どういうイベントなの?実際に参加したので、リポートします。お楽しみに!