【この1年の人気記事】1周年を迎える菓子工房ルスルス浅草店ー次に目指すのは“憩いの場”

hiroyuki

14.07.10

みなさんこんにちは、東東京のプロジェクト研究員の今村ひろゆきです。
8月のサイトリニューアルにむけて、今までの記事を振り返る企画をお届けしているLwP magazineですがこの7月は「この1年の閲覧回数が上位だった人気記事」をご紹介しています。今回私がご紹介するのは年間ランキングベスト4に輝いた、こちらの記事です!

1周年を迎える菓子工房ルスルス浅草店ー次に目指すのは“憩いの場”

staff

大活躍の1年。この4月には3店舗目を銀座松屋に出店!

7月25日で2周年となる菓子工房ルスルス浅草店。この1年はテレビや雑誌などメディアに多く掲載され、さらには3店舗目となる銀座松屋店を出店するなど大忙しだったご様子。

私も息子の誕生日や結婚記念日などよく利用させていただいていますが、行く度に印象的なのは、新規のお客さんもたくさんいらしているようですが、地域のお客さんも多く通い、店内ではお客さんと店員さんとの会話が多く交わされていることです。

昨年のインタビューのときに彼女たちが話してくれた目標の「憩いの場」。それにとても近付いているのではないかと思っています。

もしかしたら“次世代のお菓子屋さん”なのかも。

ルスルスを経営している新田あゆ子さん・まゆ子さん姉妹とお話していると、もしかしたら彼女たちは「次世代のお菓子屋さん」なのかもしれない、と最近は思う様になりました。

昔ながらのお菓子屋さんと違うのは、お客さんが広域から集まるお店になっていること、クリエイターの友だちが多くそういった人達と質の高い仕事をしていること、共感する素敵な文章を綴ってブログやfacebookで情報発信していること。またその様子にひかれ、素敵な頑張り屋のスタッフさんが集まっていること。

そして何より、新田あゆ子さん・まゆ子さんがすごく頑張り屋で、その姿を見ていると応援したくなります。やはり彼女たちは「次世代のお菓子屋さん」のような気がしてなりません。

下記リンクでは1年前の彼女たちがお店を浅草に持つに至った経緯や意気込みを語ってくれたインタビューが読めますので、ぜひご覧になってくださいね。

kiji

1周年を迎える菓子工房ルスルス浅草店ー次に目指すのは“憩いの場”