【この1年の人気記事】三ノ輪に新スペース「undō」が誕生。運営者は編集者、写真家、神主、日本語教師ら多彩なメンバー

hiroyuki

14.07.13

みなさん、こんにちは!東東京プロジェクト研究員の今村ひろゆきです。
昨夜は通常より満月が地球に接近する「スーパームーン」でしたが皆さんはどこかでご覧になりましたか?私はオフィスに向かう自転車の上で、空に浮かぶ満月を見ることができました。とてもキレイでした。

さて、8月のサイトリニューアルにむけて、今までの記事を振り返る企画をお届けしています。今月7月は「この1年の閲覧回数が上位だった人気記事」をもう一度ご紹介します。今回私がご紹介するのは年間ランキングベスト3に輝いた、こちらの記事です!

三ノ輪に新スペース「undō」が誕生。運営者は編集者、写真家、神主、日本語教師ら多彩なメンバー

undo_logo

オープン後2ヶ月。クリエイターや地域の方も巻き込んだ運動を展開!

undō(運動/ウンドウ)は5月にオープンした三ノ輪駅そばのスペース。取材時はオープン直前のリノベーション真っ最中という時でした。

今ではオープンから2ヶ月経ち、1階ではカフェやバー営業のほかに様々な展示やゲストを招いたイベントが開催され、undōはとても活発に運営されています。

例えば、undōのメンバーで写真家の芹川由起子さんの展示や、PRELIBRIさんと森岡督行さん(森岡書店)のトークショー、ご近所で95歳のマジシャン目出鯛寛さんのマジックショーなどクリエイターや地域の方も巻き込んだイベントが展開されています。どれもとても楽しそうです。

5/31に開催されたPRELIBRI×森岡督行(森岡書店)トークショー時の写真。undōのサイトより引用。

5/31に開催されたPRELIBRI×森岡督行(森岡書店)トークショー時の写真。undōのサイトより引用。

三ノ輪駅すぐの好立地。暖かい雰囲気の場所と人が魅力。

オープン後、私も伺ってきましたが、三ノ輪駅から歩いてほんの数分の好立地。大通り沿いにあるundōは、白い壁面と、大きな木とガラスの扉が印象的な空間です。

扉は開け放つと歩道もundōの一部かと思えるほど街との距離が近い。運営メンバーや展示・イベントもよく、人通りもあるので、文化的なものを好きな三ノ輪在住の方々は「よくぞ、来てくれた!」という感じで認知はどんどん高まっていくだろうし、地域の人達はもしかしたら「よくはわからないけれど、若い人達が来て楽しそうだ」という反応で地域にも根づいていきそうです。そんな風に、多くの人たちに愛される場となりそうな雰囲気を、伺った時に感じ取ってきました。

オープン2ヶ月。ますます場に熱がこもっていくundōをLwP magazine編集部も引き続きウォッチし応援していきたいと思います。

最後にお知らせとなりますが、undōでは下記の展示を開催中。こちらにもぜひ足をお運びください。

tenji_undo

◎7/4(金)〜7/23(水)時間:12:00〜23:00
「Voice of blue」宮浦杏一展
場所:undō/運動(荒川区東日暮里1-5-9)
http://ginnanshorin.jp
*作家在廊は、7/6(日)、7/13(日)、7/21(月・祝)です。7/10(木)、7/17(木)はお休み。

undo

三ノ輪に新スペース「undō」が誕生。運営者は編集者、写真家、神主、日本語教師ら多彩なメンバー